人気の日本酒の値段の相場を紹介します

一口にお酒といっても、その種類は様々なものがあります。今回は日本酒の人気な種類や価格などについて紹介していきます。日本酒は、日本古来の酒のことをいい、特有の製法で造られています。米と麹と水を原料とする清酒のことをいい、麹というのは食品を発酵させる過程でカビや微生物を繁殖させたもののことです。清酒はアルコール分が22度未満のもので、米、麹および水、清酒かすなどを原料として発酵させて越したもの、清酒に清酒かすを加えてから濾したものという要件を満たしたお酒のことです。日本酒は、製造過程や原料によって種類が分けられますが、その基準となるのが精米歩合です。精米歩合とは、製造過程でお米がどのくらい削られたかというもので、精米歩合の数値が低くなればなるほど高価なものになります。

人気のある日本酒の種類と、好みのお酒の見つけ方

日本酒の人気な種類には米や米麹および水のみを使用して造られた純米酒、精米歩合が60%以下の白米や米麹、および水、醸造アルコールを原料として造られた吟醸酒、精米歩合が70%以下で、白米、米麹、水と醸造アルコールを原料とした本醸造酒など様々なものがあります。好みの日本酒を、一番手間がかからず簡単に見つける方法は、酒屋に行ってお店の人にどういうお酒がいいか伝えることです。お酒に詳しい方であれば、好みに合ったお酒を出してくれます。お酒の種類が豊富な居酒屋に行って、いろいろなお酒を飲んでみて好みのお酒を見つける方法がありますが、そんなに量を飲めない方には難しいです。また、お酒の飲み比べをするイベントも開催されることがあり、様々な種類のお酒を少量ずつ飲めるので自分の好みのお酒に出会いやすいです。

日本酒の相場と、おいしいお酒の飲み方とは

日本酒の値段はピンからキリであり、安いものだと500~1000円程で、高いものは10,000円を超えるものもあります。安値であっても人気で日本酒はたくさんあるので、予算内で好みのお酒を見つけるといいでしょう。日本酒には辛口や甘口といったお酒の酒度があるので、お酒が飲みたいと思った時には、酒度もチェックするようにした方がいいです。ネットでもお酒は販売されていますので、ネットでお酒を購入する際には、実際に購入して飲んだ方のレビューを参考にするといいでしょう。お酒を飲む時は、できれば勢いよく飲まず少しずつチビチビと飲む方が、お酒の味をよく感じながら飲むことができます。また、お酒を飲む時にはおつまみもあれば尚いいです。日本酒に合うおつまみは、肉や魚、チーズ、豆腐など様々なものがあり、簡単に作れるおつまみレシピもネットに載っているので、自分で作ってみるのもおすすめです。